続・虹の向こう側

書いて、走って、旅をする。日日是魔法日和

ボストンマラソン、キャンセル。選ばれしランナーの行先。

予想してたけど、ボストンマラソンはキャンセルに。124年の歴史上初めてというある意味選ばれしランナーという名誉ある経験と言えよう。初マラソンで初ボストンエントリーの快挙を成し遂げた自分へのせめてもの慰めの言葉として。キャンセルと言っても124回目はどうしても空き番にするつもりはないらしく、バーチャルイベントをやるとのこと。9月7日〜14日の間にフルマラソンを6時間以内で走った人には今年用意したメダルとTシャツとプログラムが授与されるとのこと。一人でフルマラソン、きつい。しかし記念のメダルはやっぱりゲットしておこう。まぁ、6時間以内だからゆるゆると走るというか早歩き程度で大丈夫かも?10月のシカゴ、11月のフィラデルフィアは果たしてどうなるのか?

 

とりあえず、今日も20k程ゆるゆるロングラン。気持ちいいことで人生を埋め尽くそう〜。

f:id:Serendip888:20200601093032j:plain

 

コロナで気づくこと。

コロナウィルス騒ぎでアメリカでは空前のハンドメイドマスクブーム!?家に篭っていて暇なのと着物作りでため込んだ生地が山のようにあるのとで、ひたすらマスクを作っていた。もともとミシンでやっつけ仕事が大好きなので、その手が止まらず、大量にマスクの在庫が出来てしまった。そこで、フェイスブックで繋がっている友人達にマスク配布プロジェクトを慣行。ご希望のデザインを聞いて、その人のイメージを膨らませて生地の柄取りや裏地を選んでオーダーメード。ちょっとファンキーなテイストが好きな人達がリクエストをくれて、喜んでもらえたのが何よりのお返しだった。普段、人付き合い悪くソーシャルディスタンスを人の何倍も取っているけれど、非常時にやっぱり誰かの笑顔を思って少しでも貢献出来るのはうれしい。ああ、私も人類愛っていうのを少しでも持っていたなぁ、と感慨深い。コロナは自分の本質に気づくチャンスも与えてくれる。

 

しかし、そろそろ人類も我慢の限界に来ている感あり。もとの生活には戻れないにしても、普通に外出て買い物したりお茶を飲んだり旅行したり、したいよねぇ。

 

f:id:Serendip888:20200511040421j:plain

 

みんなそれぞれの場所で一緒に乗り越えて行きましょう!!

f:id:Serendip888:20200511040433j:plain

このマスク、リバーシブルなのでお楽しみ2倍なのである❤️♫♬

 

 

マラソンマンデー、マスクを縫う。

4月20日、コロナ騒ぎが無ければ今頃ボストンマラソンを走り終えてボストン市内のレストランでシーフードでも食べながら完走祝賀会でもやっている頃か。気温もお天気も絶好のマラソン日和、なんとも残念な日になってしまった。思い起こせば2013年の爆破事件後、逃走した犯人が周辺の街に隠れているということで、あの時も非常事態宣言が出され、街はロックダウン外出禁止令が出て人々は犯人が捕まるまでの数日間、息を潜めて自宅待機した。我が家の上でヘリコプターが旋回する音を聞いて緊張した瞬間を今も思い出す。あの時のように今回もロックダウン、でも今回の敵は見えないウィルス、まるで映画のような現実世界。

 

マラソンも無くなってロックダウンで暇なのででマスクでも作るか。アメリカもマスク着用が義務付けられてしてないと罰金取られるかも!多分これからの世界はこれがスタンダードになって行きそう。アメリカ人がマスクしてスーパーマーケットにおとなしく行列を作って買い物をするようになるとは、想像もつかない世界がやって来たものだ。マスク着用が一般的な日本は感染者数が少ないまま終息することを切に願う。

f:id:Serendip888:20200421053927j:plain

 

外は春爛漫。

f:id:Serendip888:20200421053940j:plain

 

9月14日に延期されたボストンマラソン、ほんとに走れるかな?開催はかなり難しいのでは、と私は思っている。幻の124回ボストンマラソンである。

 

それでも走れる喜びを噛み締めて。生きている奇跡。 

Mystery solved!

隔離生活続いてます。マサチューセッツ州は4月5日までだったのが一ヶ月延びて5月7日まで外出禁止令、でもまだこの先も見通し立たず、いつまで続くか不明です。ボストンマラソンはとりあえず9月14日の予定ですが、開催元から参加出来ない人、辞退する人に参加費返金をする旨の連絡がありました。マラソンレースは返金しないのが通例なので、この措置は本当に異例と言えます。万が一コロナウィルスに感染してしまった人やこの時期働けなくて困っている人達への金銭的人道的配慮でもあるのでしょう。ともかく前代未聞のことに世界は刻々と変わりつつあります。私の中ではこの先に光を見ようとポジティブに捉えるようにしています。この世界は自分を映し出す鏡だとつくづく想う今日この頃。

 

さて、もう一つ、昨日のエピソード。こんな時期笑いが必要、そして自分を笑うのが一番の癒しかと☺️。

 

ーーーーー

 

日頃近所付き合いの薄い私も流石にこの時期、自分の住んでいるお年寄りの多いコンドミニアムで何か貢献出来ないかと思い立った。それで一人暮らしのお年寄りで買い物に行けない人たちの為にアシストリストに登録した。昨日同じフロアに住む80歳の一人暮らしの男性からリクエストがあったというので、電話でお話。トイレットペーパーとキッチン用の殺菌ワイプが必要とのことだった。我が家はキッチンワイプを使ったことが無いので、商品名をメールで送ってください、とお願いして電話を切った。その後私からすぐにメールを送る。しかし、そこで、大変な失態をしてしまったのである。メールのタイトル欄に「Hell from Michelle」と書いて送ってしまった。Hello と書くところをHell=地獄からのお便り、、、。ああ、送った瞬間に気がつくも時すでに遅し、あまりのショックに胸がブチ切れそうになった。80歳のお年寄り、3年前に奥さんを亡くしてコンドミニアムに引っ越して来たというジム、今は自分も病気でお医者さんから外出はくれぐれも禁止されているという。その彼に「地獄からのお便り」を送ってしまった私。慌ててごめんなさいメールを送ったけれど、その後何時間経っても返事が返って来ない。あまりのショックに凍ってしまったのか、気分を悪くされてしまったのか、もうとことん落ち込んでしまった。ああ、せっかく誰かのお役に立てると思ったのに、やっぱり自分はソーシャルライフに向いて無い?と落ちまくった。それでも心の安らぎを得る為に、大天使ミカエルに祈った。「どうぞ、ジムさんのお役に立てますように、ミカエル、力を貸してください!」と。私は私の良き心を信じた。誰かの心を傷つけてしまったかもしれない自分を慰めた。自分の良き心に影を落とさないように大天使にお願いした。
 
 
そして傷心の心持ちでもう寝よっとベッドに入って最後にメールをチェックしたら、ジムさんからメールが!「電話でお喋りできて楽しかったよ、自分のスピリットが上がった、ありがとう。何しろ3週間も外に出ていないからね。メールが来て返事しようと思いながらちょっとテレビを観ていたら、ドアをノックする音が聞こえて、ドアを開けたら廊下にはもう誰もいなかった。ドアの外にホールフーズの袋が置いてあって、その中にさっきお願いした品が入っていた。君が置いていってくれたんだと思うけど、代金はいくら?ほんとにありがとう!」

 
えっ、いや、そのお買い物は私ではありません。まるで狐につままれたような気分になったけれど、ともかくジムさんからのお返事がうれしかった。これで死ぬまで後悔することなく安心して生きていける 笑)。しかし、誰が?買い物を?まさかの大天使ミカエルの力技???
 

すぐに「気を悪くしないでくれてよかった、買い物は私じゃありません」と返事した。結果、今朝のメールで違う住人が届けてくれたとのこと。ミステリーそるぶど。
 

でも私は思ってる。これ、やっぱりミカエルの力技。信じる者への証だと。
 

隣人を想う良き心をもっと養える今が大チャンス💜

 

Dear World💙💜💚

一ヶ月前と世界情勢が全く変わってしまった。

 

アメリカ、マサチューセッツ州もほぼロックダウン状態です。開いているのはスーパー、ドラッグストア等生活必需品を扱うお店のみ。外出は必要最低限のみ自宅待機要請。ボストンマラソンを始め、エントリーしていた春のレースは全て中止または延期となりました。かろうじてボストンマラソンは9月14日に日程変更されたけれど、今の情勢だとそれもどうなるか全く未知の感じです。この数ヶ月でコロナウィルス騒動がピタッと治るとはとても思えない、まるで近未来サイファイ映画を観ているような現実。夢であればいいのに、と切実に思う。かろうじて我が家周辺はニューヨークやサンフランシスコのような厳戒体勢よりもやや緩く、パニック買いも起こらず、静かに日々が流れています。ともかく今は家から出ずに感染者の数をなだらかにすること、感染しないために出来る限りの防衛をすること、人に移さないこと、これに集中することに行政が動いています。トランプ大統領は別として、アメリカの政治家、特にここマサチューセッツ州の政治リーダーのリーダーシップは信頼できるという認識が生まれました。

 

トランプが大統領に就任してナショナリズムへと政策がガラッと変わり、イギリスもEUから離脱して世界がどんどん閉じていって、その先にコロナウィルスで今や強制的に閉鎖状態に追い込まれた。偶然ではない何か大きなエネルギーの変わり目なのかもしれない。世界はグローバル化し過ぎて人間は動き過ぎて地球の自然環境が強制介入しているのかな。ニュースでは機能を停止した中国の大都市の空気汚染が和らぎ、ベニスの水路は綺麗になり魚が戻って来たと。たった数週間人間が静かに暮らしただけで劇的に自然は浄化再生される。地球にとってのウィルスは人間?と思えるような状況が生まれている。同様に、今自分が無用に動かなければ少しでも多くの命が救えるのだ。まさに自然界から人間界への挑戦状かのよう。

 

コロナウィルス騒動の終息後、世界はどんな方向に向かって行くんだろう。この教訓をどう未来に生かせるのだろう。

 

他者の命を大切にする、そんな社会へと変わって行けたら💜💜💜

 

f:id:Serendip888:20200323051942j:plain

粛々、黙々と

走ってます。

 

コロナウィルス騒動の影響で世の中騒然とした中、今自分に出来るのは、情報に踊らされず身を守りつつも前進すること。

 

来月に迫ったボストンマラソンさえも中止になる可能性もありや。でも、そこが最終目的地ではなく、人生の通過点に過ぎないと思えば、それもOK。

 

健やかに人生終えるその日まで、やっぱり、粛々、黙々と、行こう。

 

写真は先週参加したハーフマラソン。2時間8分47秒とそこそこのタイムでした。まぁ、怪我後ここまで復帰出来たことに良しとしよう。しかし、夫が撮っていてくれたゴール時のビデオを見て、自分の走る意欲にちょっと感動した。後ろから隣に迫って来たティーンエイジャーの男の子に負けじと必死にラストスパートを賭けていた。最後はちょっと抜かれたんだけれど、最終タイムは私の方が2分程後からスタートしていたので、勝利!まぁ誰かに勝つためではない走りだけど、16歳の男の子に勝ったのはそれなりに嬉しかった 笑。頑張れ!青年!60歳女子に負けるな!

 

ははは、やっぱり闘争心ありあり、です!

 

f:id:Serendip888:20200223160923j:plain

 

まだまだ走ろう。

あっという間に2月ですね。1月はブログほぼ放置でした。お陰様で肋骨の痛みもほぼ消え掛かり、普通にトレーニング再開出来るまでになりました。まだ奥深い痛みがあるけど、トレーニングやヨガや鍼等でじっくり回復していくと思います。ボストンマラソンまで3ヶ月を切って、目標はタイムよりも楽しんで完走することにシフトしました。一生に一度のボストンマラソン、と最初から思っていたので、今回の怪我で猪突猛進を改め、じっくり丁寧に走ることに重点を置くようになりました。まずはフォームが大切、体に故障があるときは尚更のこと、フォームを意識して、どこに負担が掛かっているのかを確認しながら無理せずに、ということを学びました。自分の体と向き合うことの楽しさがそこにあるような気がします。

 

去年の夏の写真をイラスト風に加工したのが楽しいので、自分への気合い付けにアップしときます。

 

f:id:Serendip888:20200131044001j:plain